TOP > OUR STORY <HISTORY>

OUR STORY

1829

1829

ジョセフ・トリッカー(Joseph Tricker)がイングランド最古の製靴業者であるトリッカーズ社を創業したのは1829年。ロンドンでロバート・ピール(Robert Peel)が近代警察の礎を築き、アメリカでエイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)が初めて政策スピーチを行った年でした。ルイ・ブライユ(Louis Braille)が点字を完成させ、ビクトリア女王が即位する8年前に当たります。現代世界の誕生、啓蒙時代、社会改革を見届けたトリッカーズが初めて小売注文を受けた当時、世界はそんな時代だったのです。

1840

イングランド中部に位置するノーサンプトンは、製靴業の聖地として知られる街。その歴史は数百年をさかのぼることになります。ノーサンプトンで作られた靴は人気が高く、この街には1840年の時点で1821人の靴職人が集まっていました。ジョセフ・トリッカーの養子ウォルター・ジェームズ・バールトロップ(Walter James Barltrop)は、わずか7歳だった1848年にこのモデルのブーツを試作。素朴で防水性に優れ、多くのお客様に愛される現在のカントリーブーツの出発点となりました。社会は1840年にもさまざまな変化を迎え、キュナードのブリタニア号が蒸気船として初めて大西洋を横断。ネルソン記念柱が建造され、新たなウェストミンスター宮殿に礎石が置かれたのもこの年でした(奇しくもそれ以来、数多くの政治家がトリッカーズのカントリーブーツを履き、イギリスの歴史を動かしてきました)。

1904

ノーサンプトンのセントマイケルズ通り56-60番地にあるトリッカーズの工場は、1904年に稼働を開始。ジェームズ・バールトロップが買い付け先のニューヨークから帰国後、20世紀の始まりと共にグッドイヤーウェルト製法マシンがトリッカーズに導入されました。バールトロップは、この製法が従来のものとまったく違うことをすぐに実感。この機械の登場により、アッパー(甲革)とインソール(中底)を縫い合わせることが可能になり、同じステッチでアウトソール(表底)に取り付ける必要がなくなりました。つまり、1829年からトリッカーズが守り続けてきた手縫いの製法だけでなく、機械の力を借りながら、洗練された完成度の高い靴を作ることが可能になったのです。この機械を開発したチャールズ・グッドイヤーJr.(Charles Goodyear Jr.)は、紳士靴の歴史に新たな章を刻んだ人物として広く知られるようになりました。ビクトリア朝時代に電化が進んだ結果、グッドイヤーの機械は品質の信頼性と効率性の両面から人気が爆発。新しい技術を学ぶために、多くの靴製造業者がノーサンプトンから大西洋を渡りました。このウェルト製法は現在もトリッカーズで使用されており、当時と同じ工場が全行程の製造拠点として稼働中。「100%メイド・イン・ノーサンプトン」の伝統を守り続けています。靴の製法は時代と共に変化してきましたが、職人の優れた技巧を生かしつつ、他の追随を許さないシューズやブーツを作り続けていくトリッカーズの理念は一切変わっていません。

1926

トリッカーズのカントリーブーツは初期にモデルチェンジを繰り返した後、現在も親しまれているデザインに落ち着きました。トリッカーズの防水性と履き心地、耐久性、実用性が、イングランドはもちろん、英国中の農民から信頼を勝ち取ったのも驚くに値しません。トリッカーズの重厚なブローグシューズ/ブーツも人気を博し、郊外でのウォーキングのみならずタウンユースにフィットする一方、ハンティングシューズとしても広く愛されました。また、1920年代には優雅なクラシックシューズのミュージアムカーフコレクションが登場し、地方だけでなく都市部の男性から絶大な支持を獲得しました。1926年といえば、ブルックランズで第1回イギリスグランプリが開催される一方、ジョン・ロジー・ベアード(John Logie Baird)がテレビで初めての遠隔放送に成功。現女王のエリザベス2世もお生まれになりました。

1989

現在のトリッカーズカントリーブーツには、トリッカーズの評価を確立した製法が忠実に受け継がれています。その原点は、ウォルター・ジェームズ・バールトロップが7歳で試作した一足のブーツ。トリッカーズのブーツとシューズは今日、その比類なきクオリティと履き心地、個性と独特な風合いが広く愛されています。タンニングを改良することで革の強度を高め、耐久性も向上。さらに製造工程が進化し、信頼性とフィット感、快適性が改善されました。その結果、足の形状に完璧にフィットする、個性豊かなシューズとブーツが生まれたのです。オリジナリティあふれるトリッカーズのカントリーシューズ/ブーツを外見だけ模倣した靴を多く見かけますが、その品質、個性、特徴はいまだに他の追随を許しません。トリッカーズは1989年、ウェールズ公チャールズ殿下により英国王室御用達の栄誉を授かりました。

2019

英国最古の製靴業者であるトリッカーズにとって、2019年は創業190周年という大きな節目の年。1月28日にはノーサンプトンの工場にウェールズ公をお招きした上で、記念銘板の除幕式を行いました。1829年の創業以来、クオリティの高いシューズ/ブーツ作りに情熱を注ぐトリッカーズの理念に一切のぶれはありません。トリッカーズのフットウェアは最初から最後の工程まで、一貫してノーサンプトンの自社工場で作られています。時代と共に製法が変化しても、これまでトリッカーズの職人たちに受け継がれてきた製靴技術はかたくなに守り続けられています。190年の歳月を経た今もなお、トリッカーズのブーツとシューズは、その比類なきクオリティと履き心地、個性と独特な風合いが愛され続けているのです。

Go to top

ロゴ
  • instagram
  • facebook

Copyright © 2019 GMT.inc all right reserved.